賃貸管理会社が家主様、入居者様向けにお伝えする「プロのお掃除テクニック!」シリーズです。

お掃除は毎日の清掃が大切ですが、積み重なった汚れは年に1回~2回程度プロのお掃除テクニックを参考にして掃除することできれいな状態を保つことができます。

クエン酸も重曹も何が良いかというと「エコ」で環境にやさしいところと、お値段が安いところです。汚れを落とす力は市販されている洗剤の方がはるかに良く落ちますが、クエン酸と重曹は洗い流しても環境によい素材ですし、粉末を水に溶かして使うとものすごく安い!です。

ただし、クエン酸も重曹もプロの掃除業者はあまり使いません。エコで手荒れもしないすぐれた物ですが、プロは短時間でお掃除(リフォーム)を終わらせる必要があるため、素材を傷めない程度の強力な洗浄剤を使用します。クエン酸にクレラップを巻いて1日待つことはできないのです。


クエン酸を上手に使おう!

クエン酸は弱い酸性です。水あか(カルシュウム)などを溶かしたり、アルカリ性の汚れを中和して落とします。(クエン酸で落ちない汚れは水垢クリーナー等の専用の強い酸性洗剤を使用します)

●流し台のステンレス部分、蛇口などについたカルキ汚れや水あか、湯あかを落とすことができます。

●洗濯槽に沈着した炭酸カルシュウムなども除去することができます。

●お風呂場や洗面所にある白く固まった水あかや石けんカスを落とすことができます。

●除菌・消臭効果がありますので、トイレの黄ばみや尿の臭いを消すことができます。




重曹を上手に使おう!

重曹は弱いアルカリ性です。キッチンまわりの油汚れや手垢汚れなどの酸性の汚れを落とすことができます。

●キッチンまわりの油汚れや焦げなどの除去ができます。

●冷蔵庫や電子レンジなどについた手垢汚れを落とすことができます。

●お風呂の皮脂による汚れなどを落とすことができます。

●粉末のまま、振りかけてスポンジで擦ればクレンザーとして使用できます。

●消臭・除菌の効果もありますので生ごみの臭い消しに使うことができます。




クエン酸と重曹の使い分け

汚れにはアルカリ性の汚れと酸性の汚れがあります。

アルカリ性の汚れに対しては、酸性のものを使用して汚れを落とすことができます。

逆に酸性の汚れに対しては、アルカリ性のものを使用して汚れを落とすことができます。

●クエン酸 → 酸性    → 水回りで使用する → 水あか、湯あか、石けんカス、カルキの除去

●重曹   → アルカリ性 →キッチン回りで使用 → 油汚れ、焦げ、手垢汚れの除去



クエン酸・重曹の使い方

1)スプレーに入れて噴霧する

 日常的には小さめのスプレーボトルに入れたクエン酸水で水回りを清掃すると水垢などが溜まらなくてきれいな状態を保つことができます。


2)粉末のまま、振りかけてクレンザーの代わりにする

 重曹は一般的なクレンザーよりも粒子が細かい為、流し台(シンク)などのステンレスを傷つけずに洗うことができます。


3)粉末に水を少しまぜてペースト状にする

 頑固な汚れにはペースト状にしたクエン酸、重曹を盛り付けて、時間を置いてから擦り洗いをする。


4)バケツの水に溶かして漬け置き洗いをする

 バケツに重曹をとかして、キッチンの油汚れがついた部品等を一晩漬けておいて、翌日、擦り洗いをするとスッキリときれいになります。


5)ティッシュやクレラップなどで湿布して乾燥を防ぎ、時間が経ってから洗う

 頑固な水垢などは一晩漬け置きする必要がありますので、クエン酸水が乾かないように紙やクレラップで保護します。翌日、水垢が柔らかくなったら歯ブラシなどでやさしく擦り落とします。


総括

クエン酸も重曹も安くて、気軽に使えるものですが、その分、汚れを落とす力は弱いです。その為、本格的に頑固な汚れを落とすなら汚れ落とし専門の洗剤を使用することをおススメします。

●キッチンまわりの油汚れ、手垢汚れには「スーパーオレンジ」がおススメです。

少し値段が高いですがマジックリンよりも汚れ落ちが良く、希釈(薄めて)して使えますので実はコストパフォーマンスがいいのです。



●水回りの水あか、湯あか、石けんカスの汚れには「酸性バスクリーナー」がおススメです。

酸性タイプのお風呂洗浄剤はあまり販売されておりませんので、月に1回~2回程度お風呂全体を酸性バスクリーナーで丸洗いするとスッキリ清潔に保てます。(カビ汚れはカビキラーをご使用ください)

もちろん、お風呂だけでなく水回りの汚れならどこでもご使用いただけます。