賃貸管理会社が家主様、入居者様向けにお伝えする「プロのお掃除テクニック!」シリーズです。

お掃除は毎日の清掃が大切ですが、積み重なった汚れは年に1回~2回程度プロのお掃除テクニックを参考にして掃除することできれいな状態を保つことができます。


お掃除を始める前の準備が大切

お掃除を楽にする為には準備が大切です。

どこから始めて、どこで終わるのか?

どんな汚れがあって、どんな掃除の仕方が必要なのか?

どんな道具が必要で、その道具をどう使うのか?

お掃除を始める前に全体の流れをよく理解しておきましょう。

そうすれば、次に何をやろうとか考えなくても効率良くお掃除ができます。


s-0314_03221



お掃除は上から下、時計回りに行うこと

お掃除の基本中の基本です。

お掃除は上から始めて、下で終わります。

天井や照明、換気扇、エアコンなど上から掃除をすると、その作業で汚れやほこりが下に落ちますので、上を掃除してから下を掃除するのが基本です。

また、掃除のやり忘れを防ぐために時計回りに掃除していくことを習慣づけると掃除の効率がぐっとあがります。例えば、お部屋のクロス(壁紙)を洗浄する場合はお部屋に入って左手から右方向に洗浄をしていくことですべての面をきれいに洗浄できます。


140425cleanup-thumb-640x360-73839


複数の作業を同時に行うことで効率アップ

お掃除は複数の作業を同時に行いましょう。

例えば、キッチンのお掃除を効率良く行う場合、最初に頑固な油汚れを落とすため、油で汚れている箇所(部品)を漬け置き洗い又は湿布法により汚れを浮かせておきます。

そして、漬け置き、湿布法をしている間にキッチンの上から掃除を始めるのです。そうすれば高いところの掃除が終わる頃には頑固な油汚れが落ちやすくなっていますので、作業の効率が格段にアップします。

複数の作業を同時に行うことで時間をうまく使い、お掃除を効率良く行いましょう。


7


汚れが落ちなければ洗剤・道具を変えてみる

万能な洗剤や道具はありません。汚れによっては、いつも使用している洗剤や道具では落ちない汚れがあります。その場合は使用する洗剤の種類を変えたり、道具を変えて対応しましょう。

例えば、鉄さびの場合、「鉄さび落とし」の溶剤で溶かす方法の他に、鉄さびを落とすクレンザーをつけて擦り落とす方法や、ワイヤーブラシで削りとる方法などがあります。

洗剤では、アルカリ性・中性・酸性などの違いがあり、

方法では、溶かす、浮かす、擦る、研磨するなどがあります。

洗剤と道具を変えてみることで汚れを落とします。

(元の素材を傷付けないために、強く力を入れて作業するのはやめましょう)

90


仕上げに光るものは必ず光らせること

お掃除は汚れを落とすものですが、お掃除が終わった後にきれいになったか判断するのはピカピカと光輝いているか、どうかです。

フローリングの床はワックスでピカピカに仕上げて、窓ガラスも光沢がでるクリーナーで仕上げて、キッチンや洗面所、お風呂のステンレスはピカピカに磨き上げます。

多少の汚れが残っていても(下地を傷めない為、汚れ落としは適度に)ピカピカに輝いていれば十分に満足するお掃除ができたと言えます。

仕上げには、固く絞った濡れ雑巾と乾いた雑巾を使用して磨き上げていきましょう。また、素材によっては光沢のでるワックス、グロス等を使用するとさらに光輝くことでしょう。

23